2009年02月01日

藤井システムとは何か?

将棋の初心者が3分でわかる藤井システム講座


第1回 藤井システムとは?


こんにちは。新しく、激しい将棋が好きな飛竜です。




今日の講座は藤井システムの全体像を概観します。


さて、藤井システムとは何でしょうか?


 
将棋の戦法は居飛車と振り飛車に分かれます。
藤井システムは、一応、振り飛車で、
四間飛車です。



四間飛車はこれまでも長年指されて来た戦法です。
それでは、藤井システムと
これまでの四間飛車とは
何がどうちがうのでしょうか?



実は、藤井システムはこれまでの指し方と考え方も陣形も
全く違った指し方なのです。



これまでの指し方だと、▲7六歩、▲6六歩と角道とめます。
それから、▲6八飛車と飛車を振り、
玉を美濃囲いにするまでは
ほぼ決まった手順でした。



しかし、藤井システムは▲6八飛車と飛車を振るまでは
従来の指し方と同じでも、
その後、指し方が変わってきます。



藤井システムの基本は、
自玉は居玉で
居飛車穴熊を
飛車角銀桂香で攻める急戦です。


居飛車感覚の攻めと言われます。


藤井システムは「居玉はさけよ」とか
「玉飛接近すべからず」という
将棋の格言に反する常識破りの指し方なのです。


それを格言風に言えば、
「居飛穴には居玉で攻めよ」。


従来の指し方は玉をまず美濃囲いに囲うのに対して、
藤井システムは玉を囲わない点が斬新です。


玉を囲わない居玉でも
未完成の居飛穴に対抗できるということを
示しました。


藤井システムの特徴は、

1.序盤の早い段階での端歩突き 

2.居玉の場合もある 

3.右桂の攻めへの参加 

4.場合によっては右銀の攻めへの参加



また、相手にスキや弱点があれば、
自分から積極的に攻撃をしかけ、
局面の主導権を握ろうとする指し方も、
相手が攻めてきたらその手にのってさばくという
これまでの四間飛車の指し方とは違う点です。



それから、藤井システムは、
場合によっては、飛車を振りもどして、
玉を左に移動して雁木に囲うこともあります。
つまり、これは居飛車なのです。


藤井システムとは出だしは振り飛車でも
居飛車の可能性も秘めた指し方なのです。



従来の振り飛車の指し方の枠にはまらない
柔軟で、臨機応変な指し方です。



しかし、従来の指し方と全く無縁というわけでもありません。
なぜかというと、相手が急戦で来れば、
従来の指し方のように、
玉を移動して美濃囲いにするからです。



つまり、藤井システムの指し方を簡単にまとめてみると、
居飛車が持久戦の穴熊にしようとすれば居玉で急戦、
また相手が急戦できたら、玉を美濃に囲うとなります。




いずれにせよ、藤井システムは
急戦で激しい戦いになりやすいのです。




相手が急戦か持久戦かによって
指し方が大きく変わってきますから、
序盤は一手一手に細心の注意が必要です。



この点も従来の四間飛車と異なる点です。
従来は居飛車が急戦でも持久戦でも
玉を美濃囲いにしていました。



さて、居玉で居飛車穴熊(模様)を攻める
プロ公式戦の1号局は
1995年12月のB級2組順位戦の
藤井猛六段と井上慶太六段の対局です。
(両者とも当時の段位)


対局者の名前に注目してください。
藤井猛六段(当時)。


藤井システムをプロ公式戦で初めて指したのは、
藤井九段です。


それで、この指し方に
「藤井」という名前がついています。


この後、藤井九段は藤井システムを駆使して、
1998年に竜王を獲得、
その後、竜王位三連覇を達成しました。


今日はここまでです。



次回、第二回目の講座は「振り飛車の危機」。
第二回の講座の内容は
藤井システムが登場した
歴史的経緯についてです。



お楽しみに。


最後までお読みくださりありがとうございました。
敬意をこめて。




(ご意見、ご感想、ご質問がありましたら、
遠慮なくお寄せください。歓迎します。
下のリンクをクリックして、
ご意見などをお書きください。
ご意見、ご感想、あるいはご質問を
お寄せくださった全員に
「将棋上達の10の秘訣」(飛竜著)という
タイトルのPDF15ページの冊子を無料進呈します)

飛竜へのメールはこちらから
http://my.formman.com/form/pc/4IOI8rZTAtVa5XT0/


人気ブログランキング、応援のクリックをよろしく!
人気ブログランキングへ

トップへ



広告



posted by 飛龍 at 00:00| Comment(4) | 藤井システム講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訪問ありがとうございました。
藤井先生は大好きなので勉強させてもらいますね^^

リンク貼らせて頂きました
これからも宜しくお願いいたします。

えいっ
Posted by 将棋・将棋動画のブログ@はむ at 2009年02月01日 12:37
はむさん、ご訪問、コメントありがとうございます。

<藤井先生は大好きなので勉強させてもらい<ますね^^

私も藤井システムが好きなので、こういう講座をブログで始めました。そちらのサイトでは藤井先生の動画を1本見させていただきました。

<これからも宜しくお願いいたします。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by 飛竜 at 2009年02月01日 19:19
自分は四間飛車党のくせに藤井システムのことがよく分かっていません。
このブログを見てぜひ勉強したいと思います。
Posted by へっぽこ名人 at 2009年02月01日 21:37
名人さん、
ご訪問ありがとうございます。

<自分は四間飛車党のくせに藤井システムの<ことがよく分かっていません。
<このブログを見てぜひ勉強したいと思いま<す。

ご謙遜ですね。

見てくださる方がいると、
とても励みになります。
これからは、毎日更新します。

Posted by 飛竜 at 2009年02月01日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。