2009年02月04日

端歩

将棋の初心者が3分でわかる藤井システム講座



第4回 藤井システムの特徴 (1)序盤の早い段階での端歩突き



こんにちは。
新しく、激しい将棋が好きな飛竜です。




まずは、人気ブログランキングのクリックの協力をお願いします。
人気ブログランキングへ





今日は藤井システムの特徴の一つ、
序盤の早い段階の端歩突きについてです。



藤井システムは従来の四間飛車の指し方と
違う点がいくつかあります。




その一つが、序盤の早い段階での端歩突きです。




従来、振り飛車が玉側の端歩は突くことがあっても、
玉を美濃囲いに囲った後の段階でした。



しかも、居飛車側が端歩を突いて、
それに対して振り飛車側が端歩を突いて
応じるという場合が多かったです。



それでは、藤井システムはなぜ振り飛車側から
序盤の早い段階で端歩を突くのでしょうか。



藤井システムでは、
▲7六歩、△3四歩、▲6六歩、△8四歩、▲6八飛、△6二銀の次に
▲1六歩と端歩を突きます。

20090205 藤システム、端歩突き7手11.gif


極端になると、初手に▲1六歩と突く場合もあるくらいです。



序盤の早い段階で端歩を突くには
いくつか理由があります。



まず、序盤の早い段階での端歩突きには
居飛車の出方を見るという意味があります。



もし、振り飛車の端歩突きに対して、
居飛車が端歩を受ければ、
居飛車穴熊にする可能性は低くなります。


端歩を受けて、居飛車穴熊にするには
手数がかかりすぎるからです。



もし、振り飛車の端歩突きに対して、
居飛車が端歩を受けなければ、
相手は居飛車穴熊にしようとしている(せざるをえない)
可能性が高くなります。



そして、振り飛車の端歩突きに対して、
居飛車が端歩を受けなければ、
振り飛車側はさらに▲1五歩と
歩を突き越すことをねらいます。




振り飛車側が▲1五歩で、
居飛車側がそれに対して
穴熊に囲ったとき、
端歩の突き越しは
穴熊の攻撃の拠点になります。



藤井システムが居飛車穴熊を攻撃する場合、
角のにらみに端攻めをからめるのが基本です。



居飛車側が穴熊に完全に囲ってから、
端歩を突いて、攻撃しても、
攻めの効果は比較的薄い。



穴熊に完全に囲われる前に、端歩をついて
攻撃態勢をとる必要があるのです。


そういう意味でも、
序盤の早い段階での端歩突きは
欠かせません。




さらに、▲1五歩と歩を突き越すことができれば、
振り飛車の玉のふところが広くなり、
有利になります。



端歩が振り飛車側が▲1六歩で居飛車側が△1四歩の場合が
下の図です。
090325端歩をお互い突く.gif

端歩が振り飛車側が▲1五歩で居飛車側が△1三歩の場合が
次の図です。
090325端歩を突きこし11.gif

上の二つの図を比べてください。


後者の方が振り飛車の玉のふところが
ずっと広いですね。



終盤に敵方が玉に迫ってきても、
振り飛車の玉が1七と1六にいける場合は
そうでない場合に比べて、
玉を詰めるのに金銀の数が2、3枚違ってきます。



これは振り飛車側にとって大きなメリットになります。




最後に、藤井システムでは居玉の場合がありますから、
何かのときに、△1五角と打たれて、
玉と自分の攻撃の駒の両取りを防ぐという
役目も端歩突きにはあります。


今日の講座をまとめると、
序盤の早い段階での端歩突きには、

1.穴熊にするのかどうか居飛車側の出方(作戦)を見る。

2.居飛車穴熊への攻撃の拠点になる。

3.振り飛車側の玉のふところを広げる。

4.角による両取りを防ぐ。

というような意味があります。



次回の講座では、
「藤井システムの特徴、その2 居玉
(居玉を含むいろいろな玉の囲いの可能性)」についてです。

明日、2月5日に更新予定です。

最後までお読みくださりありがとうございました。
敬意をこめて。



(ご意見、ご感想、ご質問を歓迎します。
遠慮なくお寄せください。
下のリンクをクリックして、
ご意見などをお書きください。
ご意見、ご感想、あるいはご質問をお寄せくださった方に
全員「将棋上達10の方法」(飛竜著)というタイトルの
PDF15ページの冊子を無料進呈します)

飛竜へのメールはこちらから
http://my.formman.com/form/pc/4IOI8rZTAtVa5XT0/



広告



posted by 飛龍 at 00:00| Comment(3) | 藤井システム講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステキなブログですね。seesaaのランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivito.blog62.fc2.com/

★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)ではまた来ます。
Posted by 旅行好きのためのブログ at 2009年02月22日 06:45
ご訪問ありがとうございます。
「旅行好きのためのブログ」を拝見しました。
有益な旅の情報が満載でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 飛竜 at 2009年02月22日 09:10
このブログはリンクフリーです。
将棋関連のブログ、サイトとのリンクを希望します。
Posted by 飛竜 at 2009年02月22日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。